病気/病気や予防/皮膚疾患

病気/病気や予防/皮膚疾患

『おなら』はアレルギーの症状かもしれません

昨日はアトピー・アレルギー・免疫学会に参加してきました。

 
色々と学ぶ事が多く、Treg(制御性T細胞)、NKT細胞、減感作療法、炎症マーカー、サイトカインなど色々トピックスはありましたが、やっぱり気になったのは

『おなら が食物アレルギーの症状の一つだと海外の学会で報告された』という一言でした。

 
下記の症状が出てる子は食物アレルギーに要注意です!
  • 目の周りを痒がる 
  • 口の周りを痒がる
  • 肛門の周りを痒がる、舐める

そして

  • おならが多い

1つでも当てはまる場合は、一度ご相談ください。

獣医療も日進月歩で、毎日が勉強です!

今後、当院でも実施している 唯一のアトピー性皮膚炎の治療である新しい減感作療法 についてや、今後発売される予定のアレルギー新薬 オクラシチニブについても述べていきたいと思います。

(1月、2月は学会が続きまして、院長不在の日は梶村先生のみの診察日があります。当院の患者様にはご迷惑をおかけしますがどうかご理解お願いします。)

 


 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

(写真は学会の昼休みに食べた、あおさ玉子入りラーメンです。美味しかったので、また食べに行きます。)

 

 

獣医師 萩森 
 
 
 

アクセス

出勤表

お問い合わせ

TEL