予防/今日のわんにゃんこ/日常ケアについて/雑学・豆知識

予防/今日のわんにゃんこ/日常ケアについて/雑学・豆知識

肛門腺ってなーに?

こんにちは!もう8月です…

みなさん暑さに負けてはいませんか!

外を歩くと汗ばむ毎日です。
動物さんたちもお散歩気をつけたいですね

題名通り肛門腺って何かご存知ですか?

当院に来られている方は知っている方が多くて

勉強熱心ですばらしいなっと関心しております。

肛門腺
とは

犬のお尻にある分泌器官です。

 
 

例えるならば、スカンクは危険を感じたり敵に教われたりすると

悪臭のする液体を噴出して撃退するもの。

それが肛門の両脇にある肛門嚢(こうもんのう)の中にある分泌液のニオイです!

分泌液の色 茶色黄色っぽい色
液体だったり個体が混ざったり様々な分泌液があります。


 

※動物によって個体差があります。

※臭いも様々です。

 

肛門腺の分泌液が溜まると何がいけないのか?

肛門嚢炎になったり

肛門が破裂します。

肛門嚢炎はうまく出せなくなった分泌液が肛門嚢にたまり

放置された結果、細菌たちが炎症を起こすことです。

そのためには分泌液を出してあげることが大切ですよね!

ワンちゃんネコちゃんがお尻をこすって歩く

お尻歩きをしたら

溜まっている証拠なんです!
 
病院に来てくれた
カンタちゃんに肛門線の
ご協力お願い致しました。
 
 
\任せてよ/

では、肛門線絞りのお勉強です!

まず肛門線絞りをするときは、立たせてあげます。 

 

 
ティッシュを用意して
親指を時計の8時、人差し指を4時の方向にセットして

ぐっと押し出す感じでしぼります。

 

 
このときに大切なのは
尻尾をあげることです。
上げないと肛門線の分泌液部分が
ぷくっとでてきてくれないからです。
 
なので絞る際は尻尾を上げてから
絞ってあげましょう。
 

 肛門線しぼりは大切です。

たまりやすい子は1ヶ月に1回
肛門線しぼりをオススメします。
 
破裂してからだと動物は痛くて
触らせてくれないこともありますので
日々の健康チェックが大切です
 
ご協力ありがとうございました
 


 
看護師 水野

アクセス

出勤表

お問い合わせ

TEL