ブログ

ブログ

肛門周囲の腫瘍(まとめ)

BlogPaint

最近、肛門周囲の腫瘍が多い気がするので、一度まとめておきたいと思います。

肛門周囲腫瘍で代表的なものには、肛門周囲腺腫(良性)、肛門周囲腺癌(悪性)、肛門嚢(アポクリン)腺癌が挙げられます。(その他には皮膚メラノーマなどの様々な皮膚腫瘍も発生します。)

確定診断には、病理検査や細胞診検査が必要ですが、ある程度は性別や去勢の有無、そして腫瘍の場所などから予想できます。

下記にそれぞれの腫瘍の特徴を示します。

  割合 腫瘍名 リンパ節浸潤
良性 約80% 肛門周囲腺腫(♂、♀) 0%
悪性 約20% 肛門周囲腺癌(♂) 13%
肛門嚢アポクリン腺癌(♀) 50%
  まれ その他の腫瘍 不明

 
肛門周囲腺腫

  •  ホルモン依存性
  •  ゆっくり成長
  •  可動性あり
  • 治療は外科切除が第一選択(去勢手術も同時に実施)
  •  90%が切除で完全治癒、10%未満で再発あり
  •  腫瘍が大きい時は先に去勢手術のみも考慮



肛門周囲腺癌

  • ホルモン非依存性
  • 成長は急速(数か月)
  • 肛門括約筋と固着していることが多い
  • 治療は外科切除と場合により放射線療法や化学療法を考慮する
  • 5cm以上は予後不良である場合が多い
  • リンパ節転移をチェック
  • 排便障害あり



肛門嚢アポクリン腺癌

  •  50~90%で高Ca血症を伴う
  •  高Ca血症による多飲多尿、腎不全注意
  •  治療は外科切除と放射線療法と化学療法を組み合わせる
  • 再発率50%
  • 1年平均生存率40%
  •  高Ca血症を伴う場合、術後生存中央値3~6ヶ月以内
  • リンパ節転移をチェック
  • 排便障害、疼痛あり



院長 萩森


かもがわ動物クリニック

   

 

アクセス

出勤表

お問い合わせ

TEL