予防/感染症/検査

予防/感染症/検査

只今、アンケート実施中です♪

 
 
看護師の岡本です!
前回私の記事で、完成してないブログ内容が更新されていた事、大変失礼しました。
 
 
当院では、只今、猫ちゃんの飼い主の方に!
 
猫エイズ、猫白血病についてのアンケートを実施中です 
 


image
 

 
アンケートにご協力してくださった方には
心ばかりですが、粗品もございますので
よろしければ回答お願いします

 

・・・ところで猫エイズとは?猫白血病とは?
 
よく聞く名前で、
猫を飼われている方でしたら1度は聞いたことがあるが詳しくは知らない 
と言う方に!
 
今日はまず、猫エイズと言う病気についてお話させていただきます
 
猫エイズとは
猫免疫不全ウイルスと言うウイルスに感染することで引き起こされ、
感染しても発症までの時期は様々で
発症すると免疫が低下し徐々に病気に対する抵抗力が失われ
様々な症状を伴う病気であり、やがてに至ります。
1度感染すると完治することはない、恐ろしい病気です
 
また、略してFIVとも言われます。
 
 
では、こんなに恐ろしい病気にどうしてなるの?
どうしたらならないの?
ココが一番気になるポイントだと思います!
 
 
まず感染経路は・・・
 
 
ウイルスは主に
猫エイズに感染している猫ちゃんの
唾液


血液乳汁など

に含まれているます。
その感染猫ちゃんとの喧嘩などによる
噛み傷からの感染が多いです。
特にオス猫はお外に出る場合、
野良猫さんとの喧嘩か多いため
感染率が高いと言われています。
 
(人には感染しない病気と言われています。)
 
なので
・外飼いのねこちゃん
・普段は室内にいるが
    自由に外に出入りができるねこちゃん
・近所に野良猫が多い
・多頭飼いのなかに感染猫がいる
・脱走癖がある
 
などのねのちゃんは知らず知らずのうちに猫エイズに感染しているかもしれません。
 
ですが、猫エイズは感染してから
発症までが10年以上も空く場合もありますので、

なかなか見た目では病気にかかっているのか、分からない場合もあります。

中には感染していても発症せず、一生を終えるねこちゃんもいます。
 
よって、早く感染しているのかを把握し
発症した場合に直ぐに対応できるようにしておくことが重要です。
 
 
感染してしまうと主に以下の様な症状が起こります
 
 
・口内炎
・リンパ節の腫れ
・慢性鼻炎
・体重減少
・元気消失
・微熱
・下痢
・結膜炎
・皮膚炎
 
酷くなると腫瘍などにもかかり、抵抗力が無くなるため
上の症状がなかなか治らず続き、弱い細菌などに簡単に感染してしまいます。
 
なので多くは発症すると、
数ヶ月で亡くなってしまいます。
 
 
 
冒頭でも言いましたが発症すると
完治はできない・・・
 
が!
 
環境を整えることで
上手く付き合っていける病気ではあります
なので早急に把握し、発症した場合に備えることが大切です!
 
 
 
ではまず何をしたらよいのでしょうか?
 
・・・感染しているかしていないかを
まず把握しておくために
ウイルス検査をオススメします!
 


image

 

当院はスナップと言う、上の写真のような
検査キットを使用しており、
血液を採血させていただき、このキットにセット

わずか10分程度で結果がわかります!

 
また猫エイズはワクチンもあり、予防できる病気です。
お外に出るねこちゃんは、
感染していないことが確認できたら
ワクチン接種してもらい、
予防することが大切です!
感染すると大変ですが
感染を防ぐ方法は存在し、
それをしてあげる事も愛情だと思います
 
 
今回、待合でアンケートを実施していますので

そのアンケート内容にお心当たりのある方はウイルス検査をおすすめします!

看護師:岡本

 

 

アクセス

出勤表

お問い合わせ

TEL