泌尿生殖器疾患/病気

泌尿生殖器疾患/病気

尿管閉塞について

獣医師の梶村です。
今回は尿管閉塞についてお話します。

尿管とは腎臓と膀胱を繋ぐ管です。
23

この管が詰まってしまうと、急性腎不全になる可能性が高いです。
詰まりの原因としてはほとんどが結石です。 
結石は腎臓と膀胱で形成されますが、尿管閉塞で問題になるのは尿管より上流にある、腎結石です。
腎結石はシュウ酸カルシウムであることが多く、これは体内で溶けません。

診断のための検査としては、レントゲン検査、エコー検査、血液検査があります。

以下のレントゲン画像では腎臓の結石と腎臓の拡張、中腹にある尿管結石と膀胱手前の尿管結石があるのが分かります。
15


49

上記のエコー画像が左の画像です。右は正常な腎臓です。
尿管閉塞により、尿が腎盂と尿管に溜まってしまい、水腎症と言われる状態になっています。
21) 04)

また腎臓の拡張と白く映る結石が確認できます。
09)

さらに尿管の拡張も確認できます。
普通は尿管は見えないので、明らかにその先で閉塞があることが想像できます。
00)

尿管閉塞になった場合の治療法としては内科治療には輸液、利尿剤、鎮痙剤などを使用します。
内科治療に反応しない場合は、外科手術となります。
外科手術にも色々方法があり、尿管ステント術、尿管切開術、腎瘻チューブ設置術、腎臓膀胱バイパス術、尿管膀胱吻合術などがあります。

腎臓に結石がある子はいつ尿管閉塞になってもおかしくありません。
腎臓に結石があるかどうかを確認しておくことで、閉塞時に対処が早かったり、それ以上結石ができないようにフードを変えることもできるので、健康診断などで画像検査をしておくことをおすすめします。

モコちゃんカットに行ってきました!
実家の近くのトリミングサロンは毎回写真を撮ってくれるので、嬉しいです!
image

獣医師 梶村


かもがわ動物クリニック

アクセス

出勤表

お問い合わせ

TEL