エキゾチックアニマル/手術/機械

エキゾチックアニマル/手術/機械

ウサギ用声門上気道確保器具、v-gelを導入しました。

獣医師の梶村です。
今回はウサギの麻酔時に使うv-gelを導入したので、それの説明をします。

2016-12-27-09-59-00

ウサギの麻酔は犬猫に比べてリスクが高いと言われています。
その理由の一つにウサギは気管挿管が難しく、気道確保が困難であるという理由があります。
気管挿管が難しいので、フェイスマスクを使用することも多いですが、フェイスマスクでは十分な気道確保は困難で、人工呼吸も難しいです。
2017-01-08-08-56-08

これは犬猫で使う普通の気管チューブです。
2017-01-08-08-56-39

そしてこれがウサギ用のv-gelです。
2016-12-27-10-00-11

このv-gelは気管内に挿管するのではなく、喉頭を覆い気道を確保します。
img_02

v-gelのメリットは
①誰にでも容易に装着できること
②正確に呼吸をモニタリングできること
③安定した麻酔が得られること
④陽圧換気(人工呼吸)が可能なことです。

このv-gelは非常に画期的であり、これによりウサギの麻酔管理は格段に楽になりました。
ただしこのv-gelが適用できない場合もあるので、もし麻酔をお考えの方がいれば相談してください。

image

獣医師 梶村

 


かもがわ動物クリニック

 

アクセス

出勤表

お問い合わせ

TEL