消化器疾患/病気

消化器疾患/病気

犬の膵炎について

獣医師の梶村です。

今回は犬の膵炎について簡単に説明します。
 

膵臓の役割は、膵液という消化酵素を含む液を十二指腸に分泌することと、インスリンやグルカゴンなどのホルモンを血液中に分泌することです。
jp

犬の膵炎は食事、高脂血症、薬剤、虚血、免疫異常などが原因になると考えられています。
特に高脂肪食や無分別な食事には注意しましょう。
膵臓からの炎症は周囲の腹膜、各種臓器に広がり、重症例ではDIC(播種性血管内凝固症候群)や、他臓器不全により死に至ることもあります。

症状としては、急性で嘔吐、発熱、食欲不振、腹部の痛み、下痢などの症状がみられます。
慢性では間欠的な嘔吐や食欲不振などがみられます。
重症では低血圧性のショック、腎不全、黄疸、凝固異常、呼吸不全などが見られます。

診断は臨床所見に加えて、血液検査で膵特異的リパーゼ活性の上昇、白血球やCRPといった炎症の数値の上昇、エコー検査などの所見から、総合的に診断します。

当院ではこのような検査キットを使って、膵特異的リパーゼ活性を調べています。
2017-02-05-14-12-18

2017-02-05-14-11-42

治療は点滴や制吐、疼痛管理などが中心となります。

急性膵炎では早期の治療開始が重症化を防ぐ可能性があると考えられているので、 嘔吐や下痢、食欲不振などが見られたら、様子を見過ぎずに、病院に連れて行くことをすすめます。

 
image

獣医師 梶村


かもがわ動物クリニック

 

アクセス

出勤表

お問い合わせ

TEL