日常ケアについて/緊急事態

日常ケアについて/緊急事態

熱中症に気をつけよう①

こんにちは、看護師の水野です

5月に入り少しずつ暑くなってきました
 
まだ、早い話かもしれませんが
暑くなってくると
動物さんたちにとって
怖いことがあります。
それはなんでしょう?
 
 
 
…熱中症です!
 
 
 
 
熱中症(熱射病、日射病)に注意です!
 
 
熱中症(熱射病、日射病)とは、
蒸し暑い室内や車内でのお留守番
暑さが厳しいなかでの
散歩やお出かけなどが原因です。
 
 
急な体温の上昇により
ハァハァと口を開けて
早い呼吸(パンティング)
よだれといった症状がでて
 
ひどい場合には
呼吸困難や吐血、血便などを起こし、
ときに命に関わることもあります。
 
 
また、どんな子がなりやすいか
ご存知でしょうか?
 
⚫︎短頭種
 
シーズー、パグ、
ボストン・テリアなどの
短頭種の犬は、体の構造上、
スムーズな呼吸がしにくく
暑いほどさらに悪化するために
熱中症になりやすいです。
 
⚫︎太っている
 
肥満気味の動物は
心臓に負担がかかり気味です。
 
首のまわりの脂肪によって
気管が圧迫されて呼吸機能が低下し
呼吸による体温調節が難しくなるので
熱中症になりやすいです。
 
 
⚫︎子犬や老犬
 
子犬や老犬は、体の生理機能が
未発達であったり
逆に衰えていることが多かったりで
体温調節が上手くできないため
熱中症になりやすいです。
 
 
 
人間は熱中症があると聞きますが
動物にもあります。
 
 
次回も熱中症についての続きを
お話させていただきます。
 
 
 
 
看護師 水野

アクセス

出勤表

お問い合わせ

TEL