雑学・豆知識

雑学・豆知識

タバコは動物にも悪影響なんです!

こんにちは、看護師の水野です。

 
 
私は喫煙者ではありませんが
家族の中に喫煙者がいます。
 
 
喫煙者の方には耳が痛い話かもしれませんが、タバコは動物の体にもやっぱり悪いです。
 
 
そのことについてお話していきます。
 
 
 

《飼い主さんが喫煙者の場合》

 

犬の発ガン率は約 1.6倍になるそうです。

咳がでる、鼻のまわりが腫れる、       くしゃみなどのかるい症状から、          喘息、気管支炎、 副鼻腔ガンや肺ガンなどの重い疾患まで発生する原因となります。

 

コリー、ダックスのような鼻先が長い長頭犬種では、鼻が化学物質のフィルターの役割をするため副鼻腔ガンになる率が高く

パグ、ブルドッグなどの鼻が、短い      短頭犬種では、肺に直接副流煙が入ってくるため肺ガンになる率が上がるとのことです。

 

またタバコの吸い殻や、まだ吸っていない新しいタバコも含め、誤飲事故が多いです。

喫煙者の生活環境だけでなく、お散歩中道端に落ちている吸い殻を食べないように気をつけてみてあげることが大切です!

 

犬のタバコの誤飲と中毒

 

犬のタバコ中毒は、愛犬がタバコを    誤飲すること起きてしまいます。

犬がタバコを吸うことはあり得ませんが、吸うよりも食べてしまった場合のほうが、タバコに含まれるニコチンがすべて体内に吸収されるので危険!

とくに子犬は好奇心旺盛で、なんでも口に入れて認識しようとするので要注意!

また、灰皿等のタバコのニコチンが溶け出した水を飲んだ場合は、より吸収がはやいため重い症状がでる可能性があります。

 
副流煙もそうですが
タバコ自体にも、気をつけていくことが大切です。
 
それは飼い主さんだけでなく
喫煙者の方も配慮をお願いしたいと思います。
 
 

 

 
 
看護師 水野

アクセス

出勤表

お問い合わせ

TEL