手術/繁殖

手術/繁殖

大きくなりました!

獣医師の梶村です。
今日は帝王切開で生まれてから、大きくなって初めてのワクチンに来た子犬達を紹介します。

お母さんは以前の記事で紹介したルルちゃんです。
http://kamogawa-ac.blog.jp/archives/17917661.html

5匹の胎児を妊娠していました。
46

29

レントゲンでは胎児達の頭蓋骨と背骨が確認できます。

ルルちゃん予定日を過ぎても出産しなかったので、当院にてホルモン注射をしましたが、それでも産まなかったため、その日に帝王切開を実施しました。

4匹は問題無く取り出せましたが、1匹だけヘソから脱腸していました。

DSCN9187

腸を戻していきます。

DSCN9188

なんとか腸を戻して、縫合しました。

そして手術は終わり、5匹全員が無事に生まれました。

2017-04-28-16-26-26

2017-04-28-17-13-06

脱腸していた子は初乳を飲む力が弱く、他の子達に押しのけられていたので、補助してあげました。
腸は戻しましたが、数日で亡くなる可能性も高かったです。

しかし無事に育ってくれて、8週間後初めてのワクチンに来てくれました!

2017-06-24-11-34-49

2017-06-24-11-49-34

2017-06-24-12-06-43

2017-06-24-12-08-40

脱腸していた子です!
2017-06-24-12-23-45

みんな元気に大きくなっていました!
感慨深いですね。

獣医師としては、繁殖を考えていない人には、やはり去勢や避妊手術を勧めています。
しかし少しでも悩んでいるのであれば、相談してください。
大変ですが、愛犬の出産、子犬の成長を見守るのはかけがえのない経験になると思います。

獣医師 梶村


かもがわ動物クリニック

アクセス

出勤表

お問い合わせ

TEL