ブログ

ブログ

胆嚢粘液嚢腫(後編)

こんにちは、看護師の水野です

前回の話の続きです!
9/11の夜に愛犬は
胆嚢を摘出する手術をしました。
次の日に面会に行った時は
痛いのか全然動かなくて
しんどい中、よく頑張ったねとたくさん褒めてあげました
手術は無事に終わったので
面会にできてとても嬉しかったです。
とった胆嚢の写真を見せてもらい
お腹に爆弾抱えてんだと
改めて思いました。
愛犬は5日間入院をしました。
その間、母がお世話をしてくれて
普段食べない缶詰を愛犬は食べたり
エリザベスウェアを初めて着たり
毎日点滴に行ったり
お腹が痛くて起き上がれない時に
抱っこをしたりと
初めての経験をしました。
(しょんぼり)
この時に思ったことは
飼い主さんたちも
術後とても不安な気持ちでいるので
もっともっと親身になってあげたいと
思いました。
私たちからどこが不安なのか
どこが心配なのか
積極的に聞いていきたいとおもいます。
愛犬は少しずつ元気になり
今はもう前と同じように
元気になりました

(ヘラッ
病気になるのは、嫌ですし
私は愛犬の術後の姿はとても
辛かったです。
なので、早期発見してあげるために
定期検査はとても大切です!
人間ドックがあるように
かもがわ動物クリニックは
動物さんたちの人間ドック、ドッグドッグがあります。(ねこちゃんたちも大丈夫です!)
詳しくは、待合のテレビで流れております。またはスタッフにお声掛けください!

看護師 水野

 

アクセス

出勤表

お問い合わせ

TEL