病気

病気

GPT(ALT)、GOT(AST)の上昇

IMG_0677.png

GPT、GOTは共に肝臓の逸脱酵素という、細胞内から細胞外にこぼれ出ることによって

血中濃度が上昇する酵素であり、肝臓の細胞が障害を受けたり、肝臓の細胞そのものが

破壊されたりした時に上昇するため、肝臓の障害の程度を表す指標とされています。

ただし、あくまで肝細胞の障害の指標であり、肝臓の機能を示すものではありません。

 

◯GPTの上昇

GPTは、ほとんどが肝臓(肝細胞の細胞質)に分布していますが、腎臓や心臓、筋肉にも

分布している酵素です。肝臓は、栄養素の代謝、胆汁の産生と分泌、有害物質の分解、

血液凝固因子の産生、ブドウ糖の貯蔵など様々な働きをもちます。GPTの基準値は、

犬で17~78 IU/L 、猫で22~84 IU/L ですが、この基準値を上回ると、肝臓をはじめ

GPTが分布する臓器のいずれかが障害を受けていると考えられます。GPTは、肝臓の腫大や

肝細胞の膜の透過性が亢進することで上昇しますが、軽度の肝障害でも高値を示すことが

あります。

 

GPTが上昇する原因として以下のものがあげられます

・肝臓の疾患(慢性および急性の肝炎、胆管肝炎、猫の肝リピドーシスなど)

・中毒(化学薬品の誤飲など)

・薬物(プレドニゾロンやデキサメタゾン、麻酔薬、フェノバルビタールの投与など)

・食事(質の悪いフード、開封後時間のたったフード、ジャーキーなどのおやつ)

・腫瘍

・猫の甲状腺機能亢進症

・ショック

・うっ血性心不全

・筋疾患

・猫の膵炎

 

GPTの上昇がみられた場合は、その上昇が肝細胞障害によるものなのかどうかを明らかに

するため、他の肝酵素と合わせて総合的に判断する必要があります。

 

◯GOTの上昇

GOTは肝臓(肝細胞のミトコンドリア内)だけでなく、心臓や筋肉、腎臓、膵臓、赤血球などに

広く分布しています。

GPTとともに肝臓の疾患の指標として用いられますが、心筋疾患や筋疾患などの指標にも

用いられます。GOTは、基本的に激しい肝臓の障害がないと上昇しませんが、

GOTの上昇と同様に、肝臓の腫大や肝細胞の膜の透過性が亢進することによっても

上昇することがあります。GOTの基準値は、犬で17~44 IU/L 、猫で18~51 IU/L で、

肝細胞が障害を受けると血液中に酵素が流れ出し、数値が上昇します。

 

GOTが上昇する原因として、以下のものがあげられます。

・肝臓の疾患(慢性および急性の肝炎、胆管肝炎、猫の肝リピドーシスなど)

・中毒(化学薬品の誤飲など)

・薬物(プレドニゾロンやデキサメタゾン、麻酔薬、フェノバルビタールの投与など)

・溶血

・腫瘍

・猫の甲状腺機能亢進症

・ショック

・うっ血性心不全

・筋疾患

・猫の膵炎

 

GOTの高値が見られた場合、すぐに肝細胞障害と判断するのではなく、筋疾患の

可能性も考えることが必要です。犬では、全力で駆け回った後に筋肉の細胞が

障害を受けることによりASTが上昇することもあるので注意が必要です。

 

GPTやGOTの上昇が見られた場合、当院ではレントゲン撮影やエコー検査などの

検査により詳しく病変部を探します。場合によっては肝臓の保護剤の処方や、

肝臓をサポートするフードへの切り替えなどをお勧めしています。

肝臓は、「しゃべらない臓器」とも言われ、重症化しないと症状が出ないことが

多い臓器です。日頃、元気・食欲があっても定期的な健康診断が大切になります。

アクセス

出勤表

お問い合わせ

TEL