ブログ

ブログ

自分の子が迷子になったら…

こんにちは、看護師の水野です🐕

 

お恥ずかしい話ですが、愛犬こーたは脱走したことがあります。

 

 

 

 

 

去勢をしてないので発情期の時にそわそわして 脱走をしていました。

 

そのときは全力で探しに行ったり

事故はないかと不安になり

泣きそうな気持ちで探しました😥

 

 

愛犬を探しても探しても見つからずに

帰ったら、愛犬が先に家に帰っていて

どこかに行ってたの?と顔をされて

事故がなくてよかったし、怪我なくてよかったし

申し訳ない気持ちと愛犬が無事がわかって安心し、泣きました😖💦

 

 

普段からこのようなことを気をつけることはもちろんですが、もし迷子になったらどうされますか?

 

まずは対策です👍

 

 

迷子札を付けましょう‼

 

 

飼い主さまの名前、動物の名前、連絡先が書いてあると見つけた方が連絡できるので良いです。

 

マイクロチップを入れましょう ‼

 

 

動物愛護センターでは迷子として保護された犬猫全てにマイクロチップの読み取りを実施しています。

マイクロチップが入っていることにより迷子になった犬猫が飼主さんのもとに帰ってくる可能性が高まります。

マイクロチップはペットの確実な身元証明になります。

 

探しても見つからないときには

保健所には必ず声をかけてください!

 

お住まいの市や区の保健所に、わんちゃんやねこちゃんの失踪情報を連絡してください。

保健所で受け付けたわんちゃんやねこちゃんの失踪・保護情報は、家庭動物相談所に集約されます。

 

保健所の場所にもよりますが

早くて3日、長くて1週間で殺処分を受けてしまうので、必ず保健所に連絡しましょう。

 

 

脱走させないことが1番ですが

もしもの時は必ず連絡をして

動物を探しましょう。

 

看護師 水野

アクセス

出勤表

お問い合わせ

TEL