本日の一症例

目が赤い(充血)・目やに

眼科(目の病気)

目が赤く、大きくなっている

                       
動物
種類 イタリアングレーハウンド
性別 避妊済みメス
年齢 13歳
地域 京都市北区
症状/病態 目が赤く、大きい
考えられる病気 緑内障、角膜潰瘍、ぶどう膜炎、結膜炎、眼内異物、腫瘍、ドライアイ 、チェリーアイ

診療内容

 

強膜(白目の部分)の充血と、眼房内の出血が見られた。角膜に傷はなく、まつげや異物の混入も見られなかった。眼圧を測定したところ、左目は40 mmHgまで上昇していたため(正常値;10〜20 mmHg)、緑内障と診断した。

 

さらに眼球の超音波検査を行なったところ、左眼で水晶体後方脱臼が認められたため、水晶体脱臼による続発性緑内障と考えられた。

 

 

左目の視力はこの時点で失われており、QOL改善のための緩和療法として点眼による内科的治療を選択した。

緑内障に対し、眼房水排出促進剤の点眼を、

水晶体脱臼に対し散瞳薬と抗炎症剤の点眼を処方した。

これらの治療を継続することにより、眼圧は下降し良好な経過をたどっている。

診断名

アクセス

出勤表

お問い合わせ

TEL