本日の一症例

頬からの排膿

歯科(歯の病気)

外歯瘻

                       
動物
種類 シェルティー
性別 去勢雄
年齢 5歳
地域 京都市北区
症状/病態 頰に傷がある、膿が出ている
考えられる病気 外歯瘻、外傷、感染、腫瘍

左頬の傷が数ヶ月間治らず、排膿を繰り返しているとのことで来院されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

口腔内を観察したところ、歯垢・歯石の蓄積は軽度でしたが、左上の第四前臼歯が破折し露髄していたため、外歯瘻が疑われました。

治療として麻酔下での抜歯と歯石除去を行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第四前臼歯を3分割して抜歯し、抜歯部から器具を挿入したところ、頰の傷と貫通し瘻管が形成されていたことが確認されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

抜歯部に抗生剤を注入し、縫合して手術を終了しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

術後5日目で頰からの排膿は完全に止まり、写真のようにかさぶたとなった後、綺麗に治癒しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

術後1週間は縫合部の裂開を防ぐため柔らかいフードを与えてもらい、その後は通常のドライフードに切り替えて現在良好な経過をたどっています。

 

診断名

根尖周囲病巣

アクセス

出勤表

お問い合わせ

TEL