本日の一症例

目が白い/目が赤い(充血)・目やに

眼科(目の病気)

柴犬の緑内障(前編)

                       
動物
種類 柴犬
性別
年齢 6歳
地域 京都府宇治市
症状/病態 目が赤い、しょぼしょぼ、目の表面が白い
考えられる病気 緑内障、角膜潰瘍、ぶどう膜炎、結膜炎、異物、腫瘍、ドライアイなど

1週間前から、右眼が赤く、しょぼしょぼしており、表面が白いとのことで来院。

院内にて、右眼の充血、羞明、角膜表面の浮腫を確認。

 

眼科検査にて、

両眼の涙液量の異常が無いこと

角膜潰瘍が無いこと

を確認したが

 

眼圧検査(正常は10〜20)にて

右眼:35

左眼:16

と、右眼の眼圧が上昇しており、この時点での右眼の視力は低下していた。

 

眼球内の超音波検査では、明らかな腫瘍は無く、水晶体の脱臼も認められなかった。

 

他に緑内障を引き起こす疾患が認められず、また柴犬という緑内障の好発犬種ということを考慮し、原発性の緑内障と診断し、治療を始めた。

右眼には、ラタノプロスト(プロスタグランジン関連薬)、ドルゾラミド(炭酸脱水酵素阻害薬)、マレイン酸チモロール(交感神経遮断薬)を使用。

左眼には、将来的な緑内障予防のために、マレイン酸チモロール(交感神経遮断薬)を使用した。

 

今回の内科治療で、右眼の視覚は戻り、数ヶ月は良好に眼圧のコントロールができた。

しかし徐々に眼圧のコントロールが難しくなり、最終的には失明してしまったため、強膜内シリコン義眼挿入術を実施した。

 

診断名

アクセス

出勤表

お問い合わせ

TEL