本日の一症例

目が白い/目が赤い(充血)・目やに

外科/眼科(目の病気)

柴犬の緑内障(後編)

                       
動物
種類 柴犬
性別
年齢 6歳
地域 京都府宇治市
症状/病態 眼の痛み、不快感、視覚の消失
考えられる病気 原発性緑内障

原発性緑内障を発症した柴犬の右眼の視覚が消失し、牛眼になってしまったため、強膜内シリコン義眼挿入術を実施しました。

前回の記事:http://www.kamogawa-ac.jp/case/canine-glaucoma-2/

 

強膜内シリコン義眼挿入術とは、眼球摘出術とは異なり、眼球の外層である角膜と強膜は残したまま、眼球内容物を除去し、その代わりにシリコンの義眼を眼内に移植する方法です。

この手術の利点は眼の疼痛と不快感、牛眼化による露出性角膜炎が解消でき、また術後の外観も受け入れやすいです。

 

術前の状態です。

右眼は拡大し、充血があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以下、手術時の画像が出てきます。注意!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

眼の消毒後、まず結膜を切開し、その下にある強膜を露出させます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次に強膜を切開します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

眼球内容物である、水晶体、硝子体を取り出します。

 

 

 

 

 

 

 

次にぶどう膜、網膜を剥がして摘出します。

専用の器具で、シリコン義眼を挿入します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

切開した、強膜と結膜を縫合し、終了です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

術後2ヶ月で、眼球内の血はすっかり消失しました。

痛みや不快感もありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

強膜内シリコン義眼挿入術では、眼球摘出術と違い、外観を保つ事ができます。

視覚を失って、内科管理が難しい緑内障の患者には、この手術の実施をお勧めします。

診断名

アクセス

出勤表

お問い合わせ

TEL