本日の一症例

目が赤い(充血)・目やに

呼吸器科/猫科(猫の病気)

子猫の猫風邪(上部気道感染症)

                       
動物
種類 Mix(雑種)
性別 雌、雄
年齢 約4週齢
地域 京都市上京区
症状/病態 結膜の腫れ、目ヤニ、くしゃみ、鼻水
考えられる病気 猫上部気道感染症

1週間前に3匹の子猫を拾ったが、目ヤニ、鼻水、くしゃみをするようになったとのことで、来院。

視診、触診にて、生後4週齢程の雌と雄と判断。

それぞれ、結膜の腫れや、鼻汁、くしゃみを確認した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外猫だったこと、経過、集団での発症などから、猫風邪を疑った。

猫風邪とは猫の上部気道感染症のことであり、ウイルス(ヘルペス、カリシ、H1N1インフルエンザ)や細菌(マイコプラズマ、ボルデテラ、クラミジア)によって引き起こされます。

治療の選択肢としては、抗生剤とインターフェロンの点眼鼻、抗生剤の投薬、インターフェロンの注射、ネブライザー、サプリメント、抗ウイルス薬などがありますが

今回はネブライザー療法と抗生剤、インターフェロンの点眼鼻で治療を開始しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この猫風邪では重度になると食欲が低下、廃絶することがあり、子猫の場合は亡くなってしまう可能性もあります。

猫風邪が怪しい子がいたら、症状が軽度なうちに病院に連れて来てください。

診断名

アクセス

出勤表

お問い合わせ

TEL