病気紹介

猫伝染性腹膜炎

病態

猫伝染性腹膜炎(FIP)は、猫コロナウイルス(FCoV)により猫科動物にのみ引き起こされる感染症です。

ただし全てのFCoVが本病を引き起こす訳ではありません。

自然界で猫が感染するのは弱毒FCoVで、その一部のウイルスが猫の体内で強毒のFCoVに変異しFIPの発症に至ると言われています。

症状として、以下のようなものが挙げられます。

・発熱

・胸水または腹水

・腹腔内腫瘤

・腎臓の変形

・眼の病変

・神経症状

本病は非常に致死率が高い疾患ですが、発症後の経過は様々ですぐに死んでしまう場合もありますが、何ヶ月も闘病することもあります。

 

感染経路は便や尿中に排泄されたウイルスの経口感染です。

FCoV感染猫は数ヶ月〜1年間に及んでウイルスを排泄しますので、室内、屋外を問わず至る所に感染源が存在しています。

したがってFCoVは猫ウイルスの中でも感染率が高いといわれます。

その中で、FCoVが強毒株に変異しFIPを発症する確率は僅か数%です。

ただしストレスを受けやすい環境下では発症率が10%を超えることもあるため、引越し等の環境変化や、縄張り争いの起きやすい多頭飼育には注意が必要です。

 

診断

血液検査でグロブリンの上昇、リンパ球の減少、肝酵素の上昇などが見られることがありますが、いずれもFIPに特徴的なものではありません。

また血中FCoV抗体の測定が可能ですが、弱毒FCoVと強毒FCoVの区別はつかないため確定診断はできません。

また血液からの遺伝子検査も可能ですが、抗体検査と同様に弱毒・強毒の区別が難しく確定できません。

ただし、臨床症状からFIPを疑う猫の腹水や病変組織を採取し遺伝子検査を行い、陽性である場合はFIPの可能性が極めて高いと言えます。

 

治療

現在FIPに対する特効薬はありません。

しかしかつては致死率100%といわれていたFIPですが、治療により生存する例が報告されるようになってきています。

現在行われる治療として、プレドニゾロンなどの抗炎症薬やオザグレルによる血管炎の緩和、インターフェロン製剤を用いた症状の軽減を期待します。

また近年はポリプレニル免疫賦活剤が猫の免疫力を活性化させ生存期間が延長したという報告も出ています。

ただし、これらの治療への反応には個体差があります。

まずはFCoVの感染を防ぐこと、もし感染した場合はFIP発症をできるだけ回避することが重要です。

アクセス

出勤表

お問い合わせ

TEL