ブログ/病気/手術/病院/お知らせ

ブログ/病気/手術/病院/お知らせ

『麻酔』って何? 〜教えて!麻酔科医の先生!〜

こんにちは!!!

 

かもがわ動物医療センター専任麻酔科医の塚原です。

 

このブログでは動物の麻酔関連の記事を定期的に配信していきます。

 

飼主様の「麻酔」に対する些細な疑問や不安などを解決する糸口になればと思っております。

 

今後ともどうぞよろしくお願い致します。

 

また、センター病院の方では麻酔科外来という形で麻酔のご相談も受け付けております。麻酔のことでご不安がある方や、年齢や持病によって麻酔処置(例えば歯科処置など)や手術を諦めた方、これから麻酔処置や手術を控えていて麻酔が心配だと感じている方など、どんな些細な事でも構いませんので、塚原までご相談頂けましたら幸いです。

今回は私の専門分野である動物の「麻酔」についてのお話をしていきたいと思います。

 

皆さまは「麻酔」についてどんなイメージをお持ちでしょうか?

 

「何となく怖い・・・」

「手術の痛みをとるためにおこなうもの?」

「うちの子は高齢だから麻酔はリスクが高い?」

「よく分からないけど危ない・・・?」

 

様々なイメージがあるとは思いますが、やはり多いのは「ただただ、怖い」という飼主様のご意見がとっても多いように感じます。
もし、私の飼っている動物がいますぐ麻酔をかけるとなっても「怖い」と思うでしょう。それだけ麻酔というのは普通の人からしたら未知の世界であり、詳しく教えてくれる場もあまり無いのが現状だと思います。

 

では、なぜ麻酔が危ないと言われるのか?

 

それは普段動物が生活している状況と、お薬を使って麻酔をかけた状況では身体に大きな変化が起きやすいからです。

 

例えば、心臓の動きが変わったり(心拍数の変化)、呼吸の動きが変わったり(呼吸数の変化や、時に自分の呼吸が変化)、血圧が変動したり、体温が変動したりと様々な変化が起きます。
この変化が時には身体にとって大きな負担になることがあるため、「麻酔」というものが「危ないもの」「怖いもの」として捉えられることが多いと思います。

 

そもそも、危険な状況をおかしてまでなぜ麻酔をかけないといけないのか?

 

麻酔をかけずに手術や検査はできないの?

 

そう思ってしまいそうですよね。

 

しかし、残念ながら今の医療技術で麻酔をせずに手術をすることは動物にとっても、治療をする先生にとっても危険すぎる行為であり、とても大きな侵襲的ストレスになってしまいます。もし自分が麻酔をせずに手術をされると考えたらゾッとしますよね?

 

安全に手術や検査が可能で、手術をしている時の痛みも意識もなくすことでストレスを最も少なくするためには「麻酔」という技術がなくてはならないのです。

 

 

では、麻酔科医といわれる先生は手術中に何をしているのでしょうか?

 

私たち麻酔科医の仕事は、この麻酔によって起こる様々な動物の身体の変化を動物の状態やモニターを駆使して常に監視し、その変化を技術やお薬を使ってコントロールしています。

    

※麻酔モニター・麻酔器/人工呼吸器

 

私たち麻酔科医は常に、

 

①動物の「痛み」を可能な限り取り除き、

②適切に身体の循環(血圧、血のめぐり)を保ち、

③全身の臓器に酸素が行き渡るように呼吸を管理する。

 

ことに全力を注ぎ、手術という大きな侵襲的ストレスと負担をとにかく「最小限」にすることこそが最大の使命です。

 

そのためには、手術中も動物の身体の状態を自分の眼でしっかり見て、触れて、常に動物の一番近くで状況を把握し、寄り添うことがとても大切になります。

 

そして、手術をおこなう先生が全身全霊手術に集中できる環境を作りあげ、手術や検査が最短で円滑に進むようにサポートすることが重要になります。

 

私たち麻酔科医は適切に鎮静薬や鎮痛薬を使って動物の痛みを取り除き、輸液や血圧を保つお薬などを使用し動物の身体の血のめぐりを維持し、麻酔モニターや麻酔器・人工呼吸器を駆使して動物の状態を常に把握し、動物の命を守ります。

 

手術や検査を受けた動物が、痛みを感じず穏やかに麻酔から覚め、元気に退院していく姿を見ることが私の中での最高の幸せです。

 

「100%安全な麻酔」は存在しません。
しかし、私たち麻酔科医の力で『麻酔のリスクを限りなく0%に近づける』ことはできると思っています。

 

そのために私は動物一番近くで動物の身体に寄り添い、動物への負担を最小限にする努力を惜しみません。

まだまだ飼主様にとってご不安な事も多い「麻酔」だとは思いますが、

 

もし何かお困りのことや、ご心配なことがございましたら、何でも構いませんのでぜひ一度ご連絡、ご相談いただけたらとっても嬉しいです。

 

かもがわ動物医療センターは常に動物にとって優しい・ストレスの少ない麻酔をご提供します。

 

 

 

かもがわ動物医療センター  専任麻酔科医  塚原 稔弘

アクセス

出勤表

TEL

メールでのご相談