予防

予防

冬はノミのパラダイス!?

こんにちは、看護師の水野です。

寒くなりこたつで、みかんばかりを食べております

さて、寒くなりノミ•マダニ予防はいらないと思っていませんか

それでは、冬に欠かせないノミ•マダニ対策のお話をしましょう

まずはノミについてのお話です。

「ノミ 画像 イラ...」の画像検索結果
「ノミ 画像 イラ...」の画像検索結果

冬になったからといって、ノミ•マダニ対策を行ってはいけません!!


特にノミは気温が13度もあれば

繁殖が可能です。

つまり、寒さから守られた室内はノミにとってパラダイスなのです

真冬に行った国内調査では、

犬が約10匹に1頭 猫が約20匹に1頭

体から、ノミの成虫やノミの痕跡が
見つかりました。
ノミに刺されると痒くなります。
それだけではなく、
ノミアレルギーが
起きる事もあるんです。
ノミアレルギーは、ほんのわずが
ノミに刺されてもとても痒くなり
慢性的に繰り返される病気です。
次にマダニのお話です!
お外に動物がいかないとマダニに
刺されないと思っていませんか?
実はそれだけではないんです!!
私たち人間が外に歩いていて
人間にくっついて
動物に寄生してしまうケースもあるんです。
なので散歩中、草むらに
動物が近づかなければ
予防しなくても大丈夫!と
思っている方は間違いです!
マダニに刺されてしまうと
貧血になったり
発熱や溶解性貧血などが
起きたりします。
最近では人間が
SFTS(重症熱性血小板減少症候群)に
かかり、命を落とすことがあります。
ノミ・マダニは動物だけではなくて
人間にも被害がでます。

なので冬だから予防しなくてもいいや〜は間違いなんです!! 
「いらすとや バ...」の画像検索結果

ここで意外と多い予防の間違いをお伝えします

ハーブやアロマを焚いて予防をしている方はいますか?

「ハーブ アロマ ...」の画像検索結果

アロマやハーブで予防をするということは、

少しおしゃれな感じがしてペットにも

良いような気がします。

しかし、香りはあくまでも
「近づきにくくする」というだけで、

完全なノミ・マダニ予防対策にはなりません。

ホームセンターで売られている市薬品は「医薬部外品」


「ホームセンター...」の画像検索結果


最近は、ホームセンターなどで

「ノミ・マダニのお薬」と

名前がついているものが売られています。

形状などが動物病院で処方されているものとそっくりのものが売っていて

価格が安いのでつい買ってしまいがちです。

でも、よく見てみましょう!

ホームセンターで売られているものは「医薬部外品」と書いてあります。

そのような市販薬の効果には限界があり、病院でお出しする予防薬より

ホームセンターのモノは、
はるかに持続時間が短いと言われております。

なので、おうちの子をきちんと守るには

動物病院で処方される駆虫薬をおすすめします!

食べるタイプ


メリット…食べてすぐにシャンプーができる。美味しいのでご褒美になる。

デメリット…吐き出してしまうことがある。アレルギーがある子は食べられない。

スポットタイプ


メリット…食事アレルギーや食べるタイプが合わない場合使える。

デメリット…垂らしてすぐは海や川には入れない、シャンプーもできない。

(種類によるので、詳しくはスタッフに聞いてください

なので、 冬でも予防をすることはもちろんですが、予防薬もホームセンターで選ばずに、動物病院できちんと

その子にあったものを選びましょう!
看護師 水野

 

アクセス

出勤表

お問い合わせ

TEL