スタッフの日常/ブログ

スタッフの日常/ブログ

任くんありがとう、さんちゃんよろしくね

 

こんにちは、看護師の吉富です🐾

今回のブログはすこーし長くなりますが、お付き合い頂ければ嬉しいです🙇🏻‍♀️

 

ブログにもたびたび登場し、2ヶ月に1度開催している当院のオンラインセミナーにも登場してくれた、私の愛する任三郎ですが、

実は今年の5月20日、14歳と約10ヶ月で虹の橋を渡りました。🌈

本当にあまりに突然のことでした。

その日も元気に穏やかにシニアライフを過ごしていたので、正直、動物看護師でありながら、こんなにあっという間に亡くなるとは思ってもいませんでした。

その日の朝、出勤するのにいつも通り、寝てる任くんに「いってきます」と声をかけると、「行くんか」という感じでいつも通りチラッと私の方を見てくれた任くん。

それが、私と任くんの最後でした。

両親から連絡をもらい、頭が真っ白になりながらも、とにかくあまりに突然だったので、嘘なんじゃないか?ドッキリさせられてるのかな?なんて考えながら任のところへ急ぎましたが、会えた時には、寝てるような顔をした亡くなった任くんでした。

人生でこんなに長い時間泣いたことはなかったですし、今も任くんの動画で、動いていたり声が聞こえただけでも泣いちゃいますし、この文章を打ってる今も泣いてます。笑

任くんはとにかく穏やかな子で、人や他の動物の気持ちが分かり、平等に誰とでも接することができる子でした。

よく散歩の時や旅行の時に、他の飼い主様から「この子は他のわんちゃんと仲良くなれたことなかったけど、近づいてコミュニケーションとれたの任くんが初めて」と言って頂くことが多かったです😊

\看護師 中村さんの愛猫コービーちゃんとの1枚です🐱/

泣いていたらびっくりした顔をして、何を言うわけでもなく、真横にピタッとくっついて座っていてくれました。本当に私達家族の誇りです✨

 

 

\こちらは14年前の家に来た日のチビ任くんです❤️/

 

任くんは、私に動物看護師という夢を与えてくれた家族であり、弟であり、先生でもあります。

任くんが幸せに、1秒でも長く一緒に過ごせるように動物看護師になりました。

未だに、任くんにもっとしてあげられたことはなかっただろうか、任くんは幸せだったんだろうか、なんて考えてしまいます。。

でも、任くんが日々の生活でみせてくれてた笑顔や、私達が感じた日々の想いがきっとそうなのかなぁ、なんて思ったりします。正解はないんでしょうが…

私達家族の元に来てくれて、いつでも私の一番の味方でいてくれて、幸せをたくさん感じさせてくれてありがとう。任くんずーっと大好きだよ。

 

 

任くんは今お骨になってお家に一緒にいます。

 

横の千羽鶴は、任くんが一歳になる前に交通事故に遭い、生死を彷徨ってる時に、歩けなくなるかもと言われていた時に家族全員で折ったものです。しっかり残っていて、今も飾っています🕊

その交通事故の際に、股関節と右足にボルトを入れたのですが、火葬した時に、綺麗に出てきました。14年間任くんを支えてくれたボルトとお骨も拾わせて頂き、私のネックレスとボトルに入れていつも一緒です🐶

 

 

 

任くんの姿形がない生活をしばらく過ごしていたのですが、あるご縁があり、新しい家族を迎え入れることになりました。

任くんと同じ、カニンヘン・ダックスフンドの燦士郎(さんしろう)くんです!

 

 

任くん(任三郎)からインスピレーションをもらい、画数もいいものにしました笑

今年の2月生まれで、現在8ヶ月です。

とにかくとにかくやんちゃです。笑

甘えん坊で、食いしん坊で、遊ぶのが大っ好きで、多少怖がりです。笑

一歩外に出るとスンッとしますが、内弁慶なところがあり、家に入った瞬間に暴れまわれるだけ遊んで、スイッチが切れたように寝る毎日です😂

 

\チキンのおもちゃがお気に入り♪/

 

\暴れすぎてソファーと机の間に挟まっちゃった…/

 

\歯磨きも頑張ってます…💪🏻/

 

いたずら好きで怒られてる毎日ですが、任くんがいる同じ部屋で、賑やかな毎日です🌈

任くんが教えてくれたことをさんちゃんや他の動物さんや飼い主様に還元できるように、これからも1人の飼い主として、動物看護師として精進して参ります!

シニアライフを過ごされてる方はもちろん、パピーライフを過ごされている方、次々出てくる悩みが尽きないと思いますが、一緒にお話しさせて頂ければと思います!

ぜひお気軽にお声掛けください😊

私のお話にお付き合い頂きありがとうございました🙇🏻‍♀️

看護師 吉富

 

アクセス

出勤表

TEL

セカンドオピニオン
お問い合わせ