病気/病気や予防/腫瘍(ガン)

病気/病気や予防/腫瘍(ガン)

それって、本当にイボ??






院長の萩森です。

前回の腫瘍の診断に引き続き、診断の大切さを感じた2例をご紹介します。

 

8才のトイ・プードルの男の子と10才のヨークシャテリアの女の子の比較です。

2例とも主訴は、『先生、背中にイボのようなものがあるんですが大丈夫ですか?』ということで来院されました。

 

見た目や大きさは、ほとんど変わりません。
 スライド3

 

細胞診の結果、片方は悪性腫瘍(がん)で、もう片方は良性腫瘍(イボ)でした。

診断名は、肥満細胞腫(悪性)皮脂腺腫(良性)です。


スライド4

 

治療方法も、全く異なります。

肥満細胞腫(悪性)の場合、再発を考慮して全身麻酔下で拡大切除が必要で、場合によっては手術後の補助治療も必要になってきます。

一方、皮脂腺腫(良性)の場合、局所麻酔下でのレーザー治療で十分です。


スライド5

 

 

このように、腫瘍は見た目だけで判断せず、しっかりと診断(細胞診)することが重要になります。

 

ちなみに、この子たちの腫瘍はどちらも現在、治療後再発はみられていません。

悪性腫瘍(がん)とはいえ、これくらい小さいうちの早期発見・早期治療ができれば根治も可能だということです。

 

 

次回は、細胞診の方法を実際の動画を交えて紹介していきたいと思います。

 

《がんで苦しむ犬、猫がいなくなればいいのに》という思いを込めて!   獣医師 萩森 

 

 

アクセス

出勤表

お問い合わせ

TEL