予防/病気

予防/病気

猫のフィラリア症

IMG_0672.jpeg

病態

フィラリア症は、Dilofilaria immitisと呼ばれる虫が寄生して発症する病気のことを

言います。フィラリアの成虫は肺の血管や肺自身の傷害を起こし、重症の時には肺や

心臓が主に傷害されます。

フィラリア症は、犬糸状虫症とも呼ばれますが、犬だけに感染する病気ではありません。

近年では、猫の10頭に1頭がフィラリアの幼虫に感染しているという報告があり、感染

した猫の約4割は室内飼育だったという報告もあります。

 

フィラリアが猫に感染した場合、犬と比較すると寄生数は少なく、血液検査で検出することが

難しいとされています。さらに、少数寄生のため症状が出にくいのも特徴のひとつです。

猫の心臓や肺の動脈は小さいので、寄生しているフィラリアが肺動脈を塞ぎ、突然死を

引き起こすこともあります。亡くなった後に、フィラリア感染が発見されることも

少なくありません。

このように猫のフィラリア症は、犬のフィラリア症とは異なります。

猫のフィラリア症は検査が難しく、発症すると怖い病気ですが、予防を正しく行うことで

愛猫の健康を守ることができます。

アクセス

出勤表

お問い合わせ

TEL