本日の一症例

元気がない、ぐったり/嘔吐・吐出

外科/消化器科(腸の病気・肝臓の病気)

誤飲・誤食

                       
動物
種類 ワイマラナー
性別 去勢済み 雄
年齢 6歳
地域 京都市
症状/病態 吐出、嘔吐
考えられる病気 食道炎、胃炎、異物による腸閉塞、膵炎など

1週間前に食べた化粧用パフを吐き出してから、嘔吐が続いている、とのことで来院。

血液検査にて、大きな異常なし。

出てきたパフがかなり大きなものであったため、食道炎と仮診断し、制吐剤、潰瘍治療薬などで治療を開始。

2日後に、より嘔吐が酷くなって、元気が無くなってきたとのことで来院。

腹部超音波検査を実施したところ、胃と十二指腸の拡張を確認した。

 

十二指腸

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

精査のため、CT検査を実施。

空腸近位部に35 mm程の構造物を確認。

それより近位で拡張、液体貯留、粘膜の不整を確認。

それより遠位では異常なし。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また右肺中葉全域と左肺前葉腹側の一部が無気肺になっていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上の結果から、異物誤飲による腸閉塞、またそれによる嘔吐・吐出により、誤嚥性肺炎を引き起こしていると診断した。

 

すぐに開腹手術を実施。

開腹してすぐに、腸内異物を確認。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

腸を切開し、

異物を取り出して、腸を縫合した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

数日後、無事に退院した。

 

アクセス

出勤表

TEL

セカンドオピニオン
お問い合わせ