本日の一症例

足がふらつく・立てない/食欲がない

脳神経科(脳・脊髄の病気)

椎間板ヘルニア(ハンセン2型)

                       
動物
種類 ミニチュア・シュナウザー
性別 去勢オス
年齢 9歳
地域 京都市北区
症状/病態 ふらついて歩く、背中を痛がる
考えられる病気 脊髄疾患(椎間板ヘルニア・脊髄梗塞・脊髄腫瘍など)、脊椎疾患(椎骨炎・脊椎骨折・脊椎変形など)

ふらつき歩行および背中の痛みがあり、当院へ来院された。

各種検査から椎間板ヘルニアを疑い、内科治療にて治療を行なったが、症状は一進一退であった。

約8ヶ月間、内科治療にて小康状態であったので、MRIを実施。

結果、第13胸椎と第1腰椎間の2型の椎間板ヘルニア(グレード2)と診断。

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

圧迫部位での減圧手術(片側椎弓切除術とレーザーによるLDD)を実施した。

 

↓↓↓↓↓ 圧迫部位の皮膚を切開しているところ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓↓↓↓↓ 圧迫部位の椎骨を削って、脊髄を露出しているところ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓↓↓↓↓ レーザーによる髄核の蒸散

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


術後1週間で、背中の痛みはなくなり、歩行も改善し、神経学的検査も下の動画のように改善した。

 

 

 

 

 

診断名

椎間板ヘルニア

アクセス

出勤表

TEL

メールでのご相談