本日の一症例

皮膚のできもの

皮膚科・耳科/腫瘍科(ガン)

犬の結節性皮脂腺過形成(皮膚のイボ)

                       
動物
種類 Mix
性別
年齢 9歳
地域 京都市上京区
症状/病態 皮膚のイボ
考えられる病気 腫瘍、肉芽腫、過形成など

過去にも当ブログに登場した事があるルルちゃん。

 

お腹がパンパンです…

https://www.kamogawa-ac.jp/2017/06/16/2552/

大きくなりました!!

https://www.kamogawa-ac.jp/2017/08/28/2589/

 

10日前に、左右の耳の下にイボを見つけたとのことで来院しました。

(イボの周囲をバリカンしてます)

針で吸引する細胞診検査では、明らかな腫瘍細胞が確認できなかったため、局所麻酔下でのレーザーにて、切除生検を実施しました。

 

病理検査の結果、結節性皮脂腺過形成、との診断でした。

結節性皮脂腺過形成は高齢の犬の皮膚によく発生する、非腫瘍性の病変で、通常切除により治癒します。

レーザーでの処置は、悪くなさそうな腫瘤のための切除生検や、明らかな乳頭腫や皮脂腺腫などの切除、蒸散に有用です。

診断名

乳頭腫、皮脂腺腫(イボ)

アクセス

出勤表

TEL

メールでのご相談